このページのトップ

新しい洗濯表示

トップページ > 新しい洗濯表示

2016年12月1日から、洗濯表示もグローバル化に!

洗濯表示が新しく変わります!

衣類についている洗濯表示(ケアラベル)が、新しく生まれ変わります。

これまでは、日本独自の絵表示(JIS規格)だったのですが、今回の変更では、国際標準であるISO規格に整合化したものとなっています。

また、これまでの表示では「家庭洗濯」が対象だったのですが、新表示は「商業洗濯」、つまりクリーニング時も対象になっており、お家で洗えるものと、クリーニング屋さんに持っていかないといけないものがわかりやすくなりました。

背景には、流通がグローバル化していることや洗濯機の高性能化、そして衣類の多様化などがあります。

ではこのページで、チェックポイントごとにご紹介いたしましょう。

 

 

 

新しいケアラベルの基本は5つです。
その基本記号に付加記号や数字、
禁止の「×」などが加わります。

 

5つの基本記号

5つの基本記号

 

付加記号と数字

文字ではなく、記号と数字で強さや温度、禁止を表します。

 

 強さ(基本記号の下に付加)

強さ(基本記号の下に付加)

 温度(基本記号の中に付加)

温度(基本記号の中に付加)

 禁止

禁止

記号の種類が22種類から41種類に増え、より細かな表示になります。お手入れの方法がわかりやすくなりますので、購入時にも参考になります。

記号だけでは伝えきれないことは
簡単な言葉で書き加えられる場合があります。

 

 

付加用語を含めた表示例

付加用語を含めた表示例

洗濯ネット使用/あて布使用/飾り部分アイロン禁止など


表示は洗濯や漂白、乾燥、アイロンの
取扱い上限を表しています。
表示記号以下の取扱いをしましょう。

 

 洗濯機で洗うときは

洗濯機で洗うときは

 アイロンの設定温度は

アイロンの設定温度は

 ダンブル乾燥は家庭用のダンブル乾燥機の記号です!

ダンブル乾燥は家庭用のダンブル乾燥機の記号です!


記号がないものはその記号の意味する、
どの処理もできます。

 

例えば、自然乾燥の記号が表示されていなかったとします。その場合は、吊り干し、平干し、ぬれ干し、陰干しなどどんな干し方をしてもOK、となります。

記号がないものはその記号の意味する、
どの処理もできます。


プロの水洗い処理 
「ウェットクリーニング」表示が登場

 

特殊な技術を用いた業者による水洗い処理
(水洗い・すすぎ・脱水・乾燥・仕上げ)

 

 クリーニング店での洗い方《ウエットクリーニング》について

ウエットクリーニングは、クリーニング店で特殊な技術を使って洗い、専用の仕上げ設備やアイロンなどを使用して仕上げまでを行う処理のことです。

この記号はご家庭での洗濯ができない時についています。この記号はご家庭での洗濯ができない時についています。
仮に洗うことができても、収縮やシワ、変形などによりご家庭でのアイロン仕上げが難しい衣類にも付けられています。ご家庭で洗えなくてもドライクリーニングやウエットクリーニングできるという記号が付いていた場合はクリーニング店に依頼しましょう。ご家庭用の洗濯機についている「ドライコース」や「おうちクリーニングコース」はクリーニング店で行うドライクリーニングやウエットクリーニングとは違いますのでご注意ください。

 ウエットクリーニングができるときについている記号


ページの上へ

株式会社ハニードライ

083-258-2110

〒759-6604 山口県下関市横野町1-21-13