このページのトップ

よくある質問Q&A

トップページ > よくある質問Q&A

よくある質問

ページの上へ

便利できれいなクリーニングを目指して!!

持参する前に確認しておくことは、ありますか?
ボタン、アクセサリーは外し、傷やシミのチェックを事前にしておいてください。 ポケットに忘れ物がないか確認し、スーツなどは上下セットでお出しください。 くわしくはコチラをご覧ください。

ページの上へ

便利できれいなクリーニングを目指して!!

引き取った商品について注意事項はありますか?
品質には万全を期しておりますが、念のために引き取ったらすぐに状態の確認をお願いします。
万が一、再洗いやプレスが必要と思われた場合には、タックは外さずそのままで1週間以内にお持ちください。

ページの上へ

便利できれいなクリーニングを目指して!!

保管についてアドバイスをお願いします。
引き取り時のポリ袋は一時的利用のためのものですので、保管の際は必ずポリ袋をはずしてください。なお変色を避けるためにも、風通しをよくして保管下さい。

ページの上へ

便利できれいなクリーニングを目指して!!

ハニードライさんのカッターは、ノリ仕上げを忘れているんじゃないの?
ハニードライでは、天然のシルクプロテイン配合という、とてもこだわったノリを使用しておりますので、仕上がりがとてもソフトなのです。

ページの上へ

便利できれいなクリーニングを目指して!!

他店のノリの方がシャキっとしているように、感じるんだけど。
シャキッと感じる糊は、実はすべて化学糊なのですが、ハニードライでは化学糊は使っておりません。
汗やアカなどの汚れはカッターシャツの上の糊につきます。
そこで糊をすべてはがして洗うと汚れも一緒に全部落ちるのですが、 化学糊は衣類に汚れが残りがちなんですね。
そこでハニードライでは糊と一緒に汚れをはがし新しく糊をつけるのです。
この時に使用する糊として、天然のシルクプロテイン配合のノリを使用しておりますので、おろしたてのようなツヤとハリがよみがえるのです。

ページの上へ

便利できれいなクリーニングを目指して!!

自宅がせまいので、洗濯モノがしあがっても預かっていてほしいんだけど。
わたしたちハニードライでは、「衣類はナマモノ」という考えかたをしております。つまり、生鮮食品とおなじで、衣料はナマモノとおなじお取り扱いをしております。せっかくの美しい仕上がりが、時間がたつうちにカタくずれしてしまってはいけませんので、ぜひお早いめのお引き取りをお願いいたします。
お洋服は日光の紫外線や蛍光灯の光で変色するんです。
なるべく日のあたらないようにしておりますが、早くお家に持って帰ってあげてくださいね。

ページの上へ

便利できれいなクリーニングを目指して!!

カッターシャツ料金には3種類あるそうですけど、くわしく教えてください。
くわしくはカッター・Yシャツページを参考になさってください。

ページの上へ

便利できれいなクリーニングを目指して!!

ダウンジャンパーの取れない輪ジミについて教えてください。
ダウンは、鳥の羽毛ですから汚れています。衣類や寝具に使用する際は必ず洗浄されます。ダウンの成分は人間と同じケラチナミンなので、洗いすぎるとパサパサに、足りないと汚れが残ってしまいます。また、油をとりすぎても暖かくならないので、洗浄はとても難しいのです。たまたま、汚れの残留しているダウンで作られたジャンパーは、クリーニングすることで、ダウン自身の汚れが表のキルティングに付着して、輪ジミのようになります。こうなると洗っても洗っても、汚れが出てきます。また、何度も洗うことで繊維を痛めることになります。

ページの上へ

便利できれいなクリーニングを目指して!!

合成皮革の服が傷んできたんだけど?

合成皮革はポリウレタン樹脂でできており、生地の表面にコーティングされている場合が多いようです。ポリウレタン樹脂は、紫外線や水分によって加水分解する性質があり、保管や手入れ状態により、3~5年ではがれたり、ボロボロになったりします。クリーニング以前に、はがれたりしていなくても、すでに分解が始まっているものもあり、クリーニングの作業工程によって促進されることがあります。これは、特に襟、袖口などに多く見受けられるケースです。
合成皮革は、意外と頻繁に着用したほうが長持ちします。
また、ポリウレタン樹脂により生地が貼りあわされたボンディング加工などは、剥離するとプクプクと泡のようにふくれることがあります。

ページの上へ

株式会社ハニードライ

083-258-2110

〒759-6604 山口県下関市横野町1-21-13